体験談

ジスト(消化管間質腫瘍) ⼥性 70代

私の幼なじみの70 歳のお⺟さんが萩原健⼀さんと同じジストという病で、

痛みと戦いながら⼊退院を繰り返しているところで、何もかも信じられないの

に、ダブル⽔素ボトルの⽔素を少し吸った翌⽇、⾃分からまた吸いたいと⾔っ

てくれ⼆時間の吸⼊後、なんか1 ⽇ウトウトして今⽇はよく寝れたせいか元気

みたい!と…

ドクター⽔素浴の貸し出しをしてみたら、元気だったころの温泉好きだった⾃

分をおもいだし、

いつもお⾵呂に⼊っても寒くてすぐに布団に⼊るのに、今⽇はポカポカしてす

ごいのよ。って…

私の親みたいなおばちゃんで、ウルっときました。

W ⽔素ボトルに出会えたおかげです。ありがとうございます。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

毛細血管の減少をテーマに 体の隅々まで血流が行きにくくなると 毛細血管がやがて消えていってしまう という内容でした。 ストレッチの効果で、血流アップという 紹介がされており、やはり大切ですね、 良好な血流量など。 脳の毛細血管が減少していくと認知機能への懸念も紹介されていました。 お顔の毛細血管が減少すると皮膚のたるみや、色素沈着の懸念もありました。 膝箭でも高濃度水素吸入でご紹介しておりますが、

肺リンパ脈管筋腫症 ⼥性 私の姉は、肺リンパ脈管筋腫症という近年難病指定されたばかりの難病です。 精通するドクターも少なく、個々によって処⽅される薬も検査⼊院を何度も繰 り返し。 肺に⾖乳のような胸⽔が溜まるのですがそのスピードも個々によって様々です。 2 ⽇で1リットル溜まる⼈もいます。 姉は当初1ヶ⽉に⼀度2リットルの胸⽔を抜きに通院し、検査の結果、シロリ ムスという免疫抑制剤を服⽤する事にな