• 5611tt

体験談

⽑細⾎管の回復、⾎流の改善 ⼥性 40代

40 代の元実業団バレー所属の⼥性。30 代で乳ガン→リンパ転移をし、

抗がん剤治療など⻑く苦しまれた経験者で、

今はやっと回復してるようですが⼿⾜にしびれ、

冷え性などが左側に残って苦しいとのことでした。

※⾯談の流れ※

そもそも⽔素の何がどう良いのかを教えてほしいとご希望されたので、

久保先⽣の本を⾒せてお話をさせて頂いたあと、あえて症状が残る左⼿で⾎流

観測をしました。

※結果※

20 分ほどのダブル⽔素ボトルの⽔素ガス吸⼊で⾎流変化が激しく起こり、

指先もピンク⾊に変化したのにご本⼈も⼤変驚き購⼊に⾄りました。

※今後※

ご本⼈は今後乳房摘出後のシリコンパットによる乳房形成を控えており、

その回復に前回は8 ⽇間と⻑く苦しい期間⼊院を強いられたようですが、

今回はタブル⽔素ボトルを持込み⼿術に挑むと⾔うことで報告を再度頂くこと

になりました。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

毛細血管の減少をテーマに 体の隅々まで血流が行きにくくなると 毛細血管がやがて消えていってしまう という内容でした。 ストレッチの効果で、血流アップという 紹介がされており、やはり大切ですね、 良好な血流量など。 脳の毛細血管が減少していくと認知機能への懸念も紹介されていました。 お顔の毛細血管が減少すると皮膚のたるみや、色素沈着の懸念もありました。 膝箭でも高濃度水素吸入でご紹介しておりますが、

肺リンパ脈管筋腫症 ⼥性 私の姉は、肺リンパ脈管筋腫症という近年難病指定されたばかりの難病です。 精通するドクターも少なく、個々によって処⽅される薬も検査⼊院を何度も繰 り返し。 肺に⾖乳のような胸⽔が溜まるのですがそのスピードも個々によって様々です。 2 ⽇で1リットル溜まる⼈もいます。 姉は当初1ヶ⽉に⼀度2リットルの胸⽔を抜きに通院し、検査の結果、シロリ ムスという免疫抑制剤を服⽤する事にな