体験談

脳梗塞 ⼥性 90代

2019 年8 ⽉9 ⽇18:30 に帰宅すると椅⼦に座りぐったりしている⺟を発⾒。

⾝体左側が反応せず 脳梗塞の可能性⼤と思い

すぐに ダブル⽔素ボトルの⽔素ガス吸⼊をさせました。

⽔素ガスを吸⼊させながら 救急⾞を呼びました。

救急⾞到着までの20 分くらいダブル⽔素ボトルの⽔素ガス吸⼊をさせて、

その⽇の医師の⾒解は半⾝不随起き上がる事は無理であろうとの事でした。

しかしながら 病床の⺟は左⼿⾜を動かしていました。

翌⽇から毎⽇付き添い6時間くらい ダブル⽔素ボトルの⽔素吸⼊をさせたとこ

ろ、

奇跡がおきてなんと10 ⽇で歩いて退院となり

改めてダブル⽔素ボトルの⽔素ガス吸⼊による効果を⽬の当たりに⾒て感動し

ました。

本当にありがとうございました。沢⼭の⽅にダブル⽔素ボトルを伝えていきた

いと思います。

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

毛細血管の減少をテーマに 体の隅々まで血流が行きにくくなると 毛細血管がやがて消えていってしまう という内容でした。 ストレッチの効果で、血流アップという 紹介がされており、やはり大切ですね、 良好な血流量など。 脳の毛細血管が減少していくと認知機能への懸念も紹介されていました。 お顔の毛細血管が減少すると皮膚のたるみや、色素沈着の懸念もありました。 膝箭でも高濃度水素吸入でご紹介しておりますが、

肺リンパ脈管筋腫症 ⼥性 私の姉は、肺リンパ脈管筋腫症という近年難病指定されたばかりの難病です。 精通するドクターも少なく、個々によって処⽅される薬も検査⼊院を何度も繰 り返し。 肺に⾖乳のような胸⽔が溜まるのですがそのスピードも個々によって様々です。 2 ⽇で1リットル溜まる⼈もいます。 姉は当初1ヶ⽉に⼀度2リットルの胸⽔を抜きに通院し、検査の結果、シロリ ムスという免疫抑制剤を服⽤する事にな